ダンボル制作ワークショップ

ダンボルのワークショップ

三連休最後の日、映画館時代にお世話になったBrand new dayの横地さんにお誘いいただき「バウハウス100年映画祭」のダンボル制作ワークショップに参加してきました。

講師は写真家の井上嘉和さん。写真家としての活動とともに、家族のために始めたダンボールお面作り「ダンボル」が話題となっている方です。

 

会場に飾られた井上さんの作品の精度があまりにも高すぎて、作り始めるまでは、子供にこんなお面が作れるのだろうかと半信半疑でしたが、先生の教え方が良いのでしょう、どの子も迷うことなくすぐに「自分だけのお面作り」に夢中になりました。

ダンボルのお面は、短冊状に切ったダンボールをグルーガンで接着して作っていきます。グルーガンを初めて使ったのですが、すぐに乾いて次の作業に移れる手軽さが魅力。どんどん作業が進みます。思わずマイグルーガンが欲しくなってしまった。。。

再現が難しい箇所は丁寧にご指導いただけるので、どの子も思い通りにお面が仕上がった様子で、約2時間のワークショップ内で子供たちの個性溢れるお面が誕生しました。余った時間と余ったダンボールで刀を作る子続出!鬼滅、流行ってますからねえ。

うちの子のお面は私の土台作りのサイズ感が甘かった為に装着すると傾いてしまって首を傾げたようになってしまいました。まあそれはそれでかわいいか。

 

完成後にそれぞれ作ったお面を付けて、会場の京都文化博物館別館(ものすごくいい建物)のいい感じの窓の前でプロ撮影してもらいました。後日写真をいただけるとのことで楽しみ♪
参加者5名全員が揃うと戦隊モノのような雰囲気でポーズも決めて誇らしげな様子です。(写真ブレてますが)

今後、Brand new dayでは、親子のための上映企画もしてくださるそうで、今からとても楽しみです。親子共ども貴重な体験をさせていただき、スタッフの皆さまありがとうございました!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る